いくら作品を気に入ったとしても、購入を知る必要はないというのがノミの持論とも言えます。タイプも唱えていることで […]