どれがいいの?布団クリーナーの性能の比較したい!
布団クリーナーと言えば、レイコップが有名
レイコップには3種類ある
パワフルたたき機能がついている
RSについてるドライエアブローが特徴
掃除機といえば、人気のダイソン
吸引力はあるけど少し重いのが難点
布団以外にもいろいろ使える
ネックになるのが高価格
アイリスオーヤマも人気の布団クリーナー
低価格だけど吸引力は弱め
ダニとりセンサーはおすすめ
その他のメーカーもしっかり比較しよう
シャープのサイクロン布団掃除機
日立のふとんクリーナー
パナソニックのふとんクリーナー
どの布団クリーナーを選ぶか迷ったら
どれがいいの?布団クリーナーの性能の比較したい!

布団は干すだけではダニは死なないそうです。布団は天日干しが1番だと思っていた人も多いでしょうが、最近では布団クリーナーが人気を集めていますね。いろいろなメーカーから多くの布団クリーナーが発売されていて、特徴も様々です。

どんな布団クリーナーを選んだらいいんだろう、失敗しない布団クリーナー選びとは?友人には使いやすい物でも、あなたにとっては使いにくい物かもしれません。きちんと特徴を比べて、しっかり吟味してから購入したいですよね。

そこで人気の布団クリーナーの特徴をまとめてみました。あなたに合う物はどの布団クリーナーでしょうか。比べてみてくださいね。

布団クリーナーと言えば、レイコップが有名
布団クリーナーの代名詞とも言える、レイコップです。人気もあり、布団クリーナーを検討している人なら候補にあがっているのではないでしょうか。人気のものだから必ずいい物なのでしょうか。レイコップの特徴をまとめてみました。

レイコップには3種類ある

レイコップと一言で言っても、その種類は3種類あります。レイコップRSとレイコップライト、レイコップRPという種類に分けられます。同じレイコップでもそれぞれ特徴があるようです。

基本機能が搭載されたレイコップライトが、旧型のレイコップです。価格は1番お手頃のレイコップで、基本的な機能さえついていれば充分だ、という考えの人にオススメです。ハウスダスト除去率は3分間で80パーセント以上と、それでも高性能のように見えますね。

ハウスダスト除去率が90パーセント以上にアップしたのが、レイコップRSとレイコップRPです。レイコップRPはドライエアブローが搭載されていて、カラー展開も多いのが魅力です。レイコップRSにはふとんケアコントロールが搭載されていますが2色展開とカラーが少ないのが残念な点ですね。

パワフルたたき機能がついている

siroca.jp

レイコップには3種類ありますが、どのレイコップにもパワフルたたき機能がついています。レイコップについている振動パットで布団の中のダニやハウスダストの死骸をたたきだしてくれます。

レイコップRSは毎分4000回の振動、レイコップRPは毎分3600回の振動、レイコップライトでは毎分3300回の振動があると言われています。単純に振動数が多い方がゴミをたくさん除去してくれると考えていいでしょう。

パワフルたたき機能は、レイコップの特徴のひとつですから、振動数が多いものがよさそうに見えます。しかしそれ以外にも特徴はあるものです。レイコップライトのメリットは低価格、レイコップRPのメリットはドライエアブローが搭載されています。

広い視野で比較をして、必要な機能を選んでくださいね。

RSについてるドライエアブローが特徴

レイコップRSには、ドライエアブローという機能がついているのが特徴です。約70度にあたためられた空気で、布団の湿度を上げます。布団の水分を取り除くことでダニが繁殖しにくい環境を作ってくれるのです。

湿気が気になる人は、レイコップRSを選ぶといいかもしれませんね。

掃除機といえば、人気のダイソン
掃除機の憧れといえばダイソンだという人も多いでしょう。吸引力の変わらない、というフレーズで有名ですが、布団クリーナーにはどのような特徴があるのでしょうか。

吸引力はあるけど少し重いのが難点

ダイソンの掃除機はその吸引力で人気があります。布団クリーナーでもその期待は裏切られることはなく、抜群の吸引力があるようです。その吸引力は布団クリーナーの中でもピカイチだとか。

しかし残念なのは、重さがあり、女性が使うには大変だということです。テレビのCMを見ているだけではわからないことですよね。布団クリーナーとして使う分には持ち上げることはないのですが、吸引力があるだけに残念な点だといえるでしょう。

布団以外にもいろいろ使える

せっかくならば布団以外にも使いたいという方も多いでしょう。布団以外にはカーペットやソファー。車のシートやぬいぐるみなどに使用できると言われています。普通の掃除機ではできないですし、洗濯をしようと思ってもなかなかできないものばかりですね。

特に小さな子どもがいる家庭では、ぬいぐるみやクッションにも使えるというのは魅力的ではないでしょうか。ダニや目に見えない汚れが綺麗になれば、子どもが口に入れても安心ですね。

ネックになるのが高価格

ダイソンの掃除機を購入するのにネックになるのが、高価格だという点です。掃除機にしては少し高いのは確かですが、それなりの価値があるのでしょうか。

ダイソンの布団クリーナーの機能をしっかりと使えるのであれば、決して高くないかもしれませんね。しかしいらない機能ばかりであれば、それだけの価値はなくなってしまうかもしれません。どんな所に使いたいのか、本当に使う機能はどんな点なのか考えてみましょう。

アイリスオーヤマも人気の布団クリーナー
アイリスオーヤマの布団クリーナーも布団以外にも使えるそうですが、それ以外にはどんな特徴があるのでしょうか。

低価格だけど吸引力は弱め

コードレスでスタイリッシュなデザインが特徴のアイリスオーヤマの布団クリーナーです。比較的低価格ですが、吸引力を求めるのであれば向かないかもしれません。

しかしコードレスで使えるというのは魅力的ですね。持ち運びも楽になるでしょうし、マメに使いたい人には向いているかもしれません。

ダニとりセンサーはおすすめ

信号のように赤、黄色、青のわかりやすいダニとりセンサーがついています。目に見えないダニの量を、しっかりと確認することができるのがうれしいですね。しっかりと青になるまで使えば、安心して赤ちゃんを寝かせてあげることもできそうです。

その他のメーカーもしっかり比較しよう
ピン

その他のメーカーでも、様々な布団クリーナーがあります。それぞれに特徴がありますね。失敗しない買い物をするためには、いろいろ比べてみることです。参考になさってくださいね。

シャープのサイクロン布団掃除機

サイクロン布団掃除機になっていて、ダニを強力に吸引してくれるヒートサイクロンが搭載されています。
ゴミ捨ても簡単で水洗いもできます。布団クリーナーも清潔に保管したいという方は、検討してみてはいかがでしょうか。

EC-HX100-S サイクロンふとん掃除機 SHARP シャープ Cornet(コロネ) ECHX100S シルバー系【KK9N0D18P】
Rakuten ichibasponsored
EC-HX100-S サイクロンふとん掃除機 SHARP シャープ Cornet(コロネ) ECHX100S シルバー系【KK9N0D18P】

¥18,890 (2016/05/30 17:27時点)

販売サイトへ
日立のふとんクリーナー

日立の布団クリーナーの特徴は、電動パワフルビーターです。ビーターで布団をたたいてブラシでしっかりとかき出します。ダニプレスとも言われ、しっかりとダニの除去ができそうです。

PV-FC100-N【税込】 日立 ふとんクリーナー (シャンパン) 【掃除機】HITACHI [PVFC100N]【返品種別A】【送料無料】【RCP】
Rakuten ichibasponsored
PV-FC100-N【税込】 日立 ふとんクリーナー (シャンパン) 【掃除機】HITACHI [PVFC100N]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

¥17,940 (2016/05/30 17:31時点)

販売サイトへ
パナソニックのふとんクリーナー

パナソニックの布団クリーナーは、紙パック式でのゴミ捨てとなります。紙パック式は減ってきているかもしれませんが、ゴミを捨てるときにホコリが舞い上がる心配がありません。紙パック派だという人には、パナソニックの布団クリーナーがありますよ。

パナソニック 布団 掃除機 ふとんクリーナー 紙パック式 ハウスダスト発見センサー搭載 MC-DF500G-P ピンク 【送料無料】【KK9N0D18P】
Rakuten ichibasponsored
パナソニック 布団 掃除機 ふとんクリーナー 紙パック式 ハウスダスト発見センサー搭載 MC-DF500G-P ピンク 【送料無料】【KK9N0D18P】

¥22,280 (2016/05/30 17:33時点)

販売サイトへ
どの布団クリーナーを選ぶか迷ったら
それぞれのメーカーでさまざまな特徴があることがわかりました。全てを比べようと思ったら、なかなか決まらないかもしれませんね。あなたが譲れない機能をまず決めましょう。布団以外にも使いたいのか、軽いのがいいのか、ダニの量が見える物がいいのか、などです。

自分が譲れない機能が明確になれば、どの布団クリーナーがいいのか絞れてくるでしょう。自分達家族が使いやすいのは、どの布団クリーナーを比較して、使いやすい布団クリーナーを選んでくださいね。