【期間限定】セール価格&送料無料
レボリューション 猫用、犬用はこちらから!
《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1箱:3本 4,500円~ 2,343円~
2箱:6本 9,000円~ 4,231円~
3箱:9本 13,500円~ 5,891円~ 当サイトでご案内できる最安値価格では、 1本当たり800円前後、さらに送料無料にてお届けをさせて頂いております。
↓↓↓ 猫用レボリューションはこちら

猫用 2.5kg以下 レボリューション
商品詳細へ

猫用 2.6kg~7.5kg レボリューション
商品詳細へ
↓↓↓ 犬用レボリューションはこちら

犬用 2.5kg以下 レボリューション
商品詳細へ

犬用 2.6kg~5.0kg用 レボリューション
商品詳細へ

犬用 5.1kg~10kg用 レボリューション
商品詳細へ

犬用 10.1kg~20kg用 レボリューション
商品詳細へ

犬用 20.1kg~40kg用 レボリューション
商品詳細へ
レボリューションの注意点と正しい使い方

犬猫を飼い始めると、意外に気になるのがノミやダニ。
犬猫がかゆそうに体を掻いていたり、飼い主側も何だか虫に刺されることが多くなった気がして、頻繁に掃除機をかけてみたり…なんてことありませんか?

そんな時、ノミやダニに効くスポットタイプのお薬「レボリューション」がおすすめです。
これは、ノミやダニなどの体の表面につく「外部寄生虫」と、体の中に侵入するフィラリアや回虫などの「外部寄生虫」を一度にやっつけることができる、画期的なお薬。

今回は、このレボリューションを使用する時の注意点をお話しします。

レボリューションとは

レボリューションの主成分は「セラメクチン」というマクロライド系の駆虫薬です。
このセラメクチンの濃度の違いでレボリューション6%とレボリューション12%に分かれています。

このレボリューションのお薬は、スポットタイプです。
皮膚に垂らすだけで、内部・外部寄生虫のノミ・ダニや厄介なフィラリア症まで予防できるのですよ!

主に駆除できる物として、
外部寄生虫はノミ、ノミの幼虫、ノミの卵、ミミヒセンダニ、
外部寄生虫はミクロフィラリア、フィラリア幼虫、猫回虫、鉤虫です。

以前は、ノミ・ダニにはスポットタイプのものを、フィラリア予防には食べるタイプのお薬といったように、別々の駆虫薬を使用していた方も多いのではないでしょうか。
このレボリューションのお薬があれば、別々のお薬を使用する手間も経済的負担も軽くなってお得です!

レボリューションを使用する時の注意点

1、年齢・体重に合った量を選びましょう
レボリューションには、子猫・子犬用、猫用があり、寄生虫に効果があるセラメクチンという薬の濃度が6%のものと12%のものがあります。
また、超小型犬用、小型犬用、中型犬用、大型犬用レボリューションもあります。
体重や年齢によって異なる有効成分が含まれていますので、必ず年齢・体重に合ったものを使用してください。
また、生後6週齢未満の幼い犬猫の使用は避けて下さい。
生後6週齢未満の幼い子猫に対しては、死亡した例が報告されています。

2、使用後すぐのシャンプーはやめましょう
皮膚から速やかに成分が吸収されるので、2時間後であればシャンプーは大丈夫と説明書には記載がありますが、できればレボリューションをした後の2-3日はシャンプーを避けたほうが安心ですね。
レボリューションをする前にシャンプーをしておけば問題ありません。

3、フィラリア症にかかっていないかどうかを検査してから使用しましょう
レボリューションでのフィラリア症に対する効果は、感染してない犬・猫が服用する分には安全性の高い薬ですが、フィラリアに感染している犬・猫に同じように服用させると、大変危険な症状を起すこともあります。
まずは動物病院で、犬・猫がフィラリア症にかかっていないかどうかは必ず調べましょう。
フィラリアに感染しておらず陰性として問題なかったら、レボリューションを使用して大丈夫です。

4、1か月に1回使用しましょう
レボリューションの効果は約1か月持続します。
せっかく退治した寄生虫を今後もつかないようにしたいですよね。
ですから、1か月に1回投与することにより、レボリューションの効果が完全に切れてしまう事を防ぐことができます。

レボリューションの正しい使い方

1、スポットのふたで、穴をあける
レボリューションのスポットは、箱から出しただけでは開いていません。
エボリューションのスポットについている蓋をスポット側に押し込むと、先端に穴が開きます。
この時、下を向けながら穴をあけると下に垂れてしまいますので、必ず上を向かせた状態で穴を開けましょう。

2、犬・猫に垂らす場所を確保する
犬・猫が皮膚についたレボリューションを舐めないように、レボリューションを垂らす場所は肩甲骨の間です。
ここなら、グルーミングを自分でしても、舐めることがないですね。

その際、毛に垂らすと意味がありませんから、毛をかき分けて皮膚を露出させます。
一か所に垂らすと量が多すぎて垂れてきてしまう可能性があるので、何回かに分けて垂らせるように、毛をかき分けておきます。

3、犬・猫にレボリューションを垂らす
露出させた皮膚にレボリューションを垂らします。
長い間犬・猫を拘束しているとストレスがかかってしまうので、なるべく素早くつけるのがいいでしょう。
起きている時に動いて難しい場合は、寝ている間を狙ってもいいですね。
また、多頭飼いをしている方は、別の犬・猫がなめないように気を付けてください。

4、副作用がでないか様子を見る
レボリューションを垂らした場所などを痒くてかきむしったり、赤くなったりと、もしかしたら副作用が出るかもしれません。
いつもと様子が違うなと感じた場合は、動物病院に連絡をして支持を仰いでくださいね。

いかがでしたか?
犬・猫に使用するレボリューションの使用する際の注意点や正しい使い方が分かって頂けましたでしょうか。

正しく使用して、犬・猫が寄生虫にかかってしまうのを守ってくださいね!

【期間限定】セール価格&送料無料
レボリューション 猫用、犬用はこちらから!
《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1箱:3本 4,500円~ 2,343円~
2箱:6本 9,000円~ 4,231円~
3箱:9本 13,500円~ 5,891円~ 当サイトでご案内できる最安値価格では、 1本当たり800円前後、さらに送料無料にてお届けをさせて頂いております。
↓↓↓ 猫用レボリューションはこちら

猫用 2.5kg以下 レボリューション
商品詳細へ

猫用 2.6kg~7.5kg レボリューション
商品詳細へ
↓↓↓ 犬用レボリューションはこちら

犬用 2.5kg以下 レボリューション
商品詳細へ

犬用 2.6kg~5.0kg用 レボリューション
商品詳細へ

犬用 5.1kg~10kg用 レボリューション
商品詳細へ

犬用 10.1kg~20kg用 レボリューション
商品詳細へ

犬用 20.1kg~40kg用 レボリューション
商品詳細へ
Related Posts
レボリューションの犬用・猫用 – 6%と12%の違いは?
犬猫用レボリューションはシラミの駆除もできる?
レボリューションは犬猫の血液検査をしてから使おう!
レボリューション猫犬用の価格や費用は?
犬猫の寄生虫駆除・予防ならレボリューション!
レボリューションで犬猫の皮膚病は治る?
カテゴリー: フィラリア, フィラリア予防薬, レボリューション | タグ: フィラリア, フィラリアの症状, フィラリア予防対策, レボリューション, レボリューション猫犬用 | 投稿日: 2016年11月9日 |
投稿ナビゲーション← レボリューションの犬用・猫用 – 6%と12%の違いは?犬猫のニキビダニ・ツメダニはレボリューションで予防駆除できる? →
レボリューション 犬猫お薬
レボリューション 商品一覧
レボリューションの注意点と正しい使い方
レボリューション猫犬用の価格や費用は?
犬猫のレボリューション 予防の時期はいつからいつまで?
犬猫のフィラリア予防Q&A
犬猫のフィラリア媒介主は蚊!病原体を詳しく解説!
犬猫のフィラリアは人に感染する?うつる?症状は?
日本でのフィラリア感染率はどれくらい?
平均気温が何度からフィラリア予防は必要?
ビーグル犬、コリー系は要注意!フィラリア予防薬は使えない犬種?
フィラリアは犬猫の眼球にも寄生する?
フィラリアの検査キットは通販できる?価格や費用のまとめ
犬猫の血尿、血便はフィラリアの影響がある?
カテゴリー

ノミマダニ
フィラリア
フィラリアの症状
喘息
母子感染
自然治癒
血尿血便
フィラリア予防
アナフィラキシーショック
コクシジウム
感染率
瓜実・条虫
投薬期間
検査キット
検査方法
原因療法
対症療法
フィラリア予防薬
イベルメック
カルドメック
ネクスガードスペクトラ
ハートガードプラス
パノラミス錠
ミルベマイシン
モクシデック
レボリューション
レボリューションの注意点と正しい使い方
under フィラリア予防薬
レボリューションは犬猫の疥癬にも効果がある?
under フィラリア予防薬
フィラリアは毎年、血液検査の必要性はある?
under フィラリア
レボリューションで犬猫の皮膚病は治る?
under フィラリア予防薬
犬猫のレボリューション 副作用は腎臓、腎不全に影響がある?
under フィラリア予防薬
ネクスガードスペクトラの副作用と有効成分 – 肝臓へ危険性はある?
under フィラリア予防薬
ミルベマイシン錠の通販や価格は? – フジタ製薬のフィラリア薬
under フィラリア予防薬
日本でのフィラリア感染率はどれくらい?
under フィラリア
レボリューション猫犬用の副作用は?
under フィラリア予防薬
犬猫用レボリューションはシラミの駆除もできる?
under フィラリア予防薬
最近の投稿

レボリューションは犬猫の血液検査をしてから使おう!
ミルベマイシン錠の通販や価格は? – フジタ製薬のフィラリア薬
レボリューションはコクシジウムに効果がある?
レボリューション犬猫用 – ファイザー社製の特徴
レボリューションで犬猫の皮膚病は治る?
カテゴリー
ノミマダニ
フィラリア
フィラリアの症状
喘息
母子感染
自然治癒
血尿血便
フィラリア予防
アナフィラキシーショック
コクシジウム
感染率
瓜実・条虫
投薬期間
検査キット
検査方法
原因療法
対症療法
フィラリア予防薬
イベルメック
カルドメック
ネクスガードスペクトラ
ハートガードプラス
パノラミス錠
ミルベマイシン
モクシデック
レボリューション
サービス一覧
お問い合わせ
サイトマップ
レボリューション 商品一覧
特定商取引法に基づく表示
人気のお薬ご紹介
レボリューションの注意点と正しい使い方
under フィラリア予防薬
レボリューションは犬猫の疥癬にも効果がある?
under フィラリア予防薬
犬猫のフィラリアは人に感染する?うつる?症状は?
under フィラリア
レボリューションは犬猫の瓜実、条虫も駆除できる?
under フィラリア予防薬
犬猫のレボリューション 予防の時期はいつからいつまで?
under フィラリア予防薬
フィラリアの検査キットは通販できる?価格や費用のまとめ
under フィラリア
ネクスガードスペクトラの副作用と有効成分 – 肝臓へ危険性はある?
under フィラリア予防薬
犬猫のレボリューション 副作用は腎臓、腎不全に影響がある?
under フィラリア予防薬
フィラリアは毎年、血液検査の必要性はある?
under フィラリア
犬猫 のレボリューションとフロントラインは併用できる?
under フィラリア
Proudly powered by WordPress